温泉天国GS(KT-610)

温泉天国GS(KT-610) ロゴ

加賀の薬石「医王石(戸室石)」をろ過材に使用。お肌にやさしい清潔なお湯が24時間楽しめます。

いつでもお風呂に入れて手間いらず!   ご家庭で手軽に温泉気分が楽しめます。


温泉天国GS(KT-610) 本体

省エネ
 温泉天国やりくり上手な奥さまにうれしい情報!年間97トンの水資源が節約できます。(300L浴槽におけるメーカー調べ)


大きい省資源、省エネ効果  お風呂のお湯は、高出力の循環ポンプで強制循環され、活性石の自己浄化作用で常に新鮮な水質を保ちます。そして、内臓のフィルターがアカやゴミをろ過するため、ほとんど湯の交換が不要になり、燃費や水の節約になります。まさに、省エネ時代にうってつけの商品です。24時間お湯を浄化・保温しながら循環させているので、いつでも入りたいときにあったかいお風呂にはいれます。

ヒーター付です、便利です 「温泉天国」にはヒーターが付いていますのでお風呂のお湯を40度前後保っておくことができます。 (温度設定可能範囲36~48度 2度間隔)

場所をとらないコンパクト設計です  「温泉天国」は従来品に比べて、とてもコンパクト。あまり場所を取らない経済設計です。また、材質にはステンレスなどサビない物を使用しています。屋内、屋外どちらにも取付可能ですので、ご家庭の都合に合わせて設置いただけます。

オゾンでさらに安心を(オプション) オゾン発生装置(オプション)を追加すれば、さらにお湯が衛生的です。レジオネ属菌もシャットアウト!


温泉天国GS(KT-610)循環浄化システム図

温泉天国GS(KT-610) フィルターセット

大型フィルターで汚れをキャッチ スポンジと糸巻きフィルターで髪の毛、糸くずなど小さなゴミをしっかりとキャッチするので、大家族にも対応します。24時間、いつでも清潔なお湯を保ちます。※お湯を衛生的保つため、フィルターは定期的に交換をしてください。(入浴人数5人で6ヶ月に1回が目安です)

温泉天国GS(KT-610) 活性石

ろ過材(活性石) 石川県金沢市の名湯「湯湧温泉」近くにある「医王山」や「キゴ山」で採石された加賀の薬石「医王石(戸室石)」といわれる石をろ過材(活性石)として使用しています。

製品安全協会PSマーク適合、対人賠償責任保険付

温泉天国GS(KT-610)安全マーク温泉天国GS(KT-610)安全マーク


簡単リモコン操作

温泉天国GS(KT-610) リモコン

コントローラーパネルで簡単操作

34~48度の範囲で保温を設定 2度単位で設置出来ます。

強力ジェット 


温泉天国GS(KT-610)設置イメージ図

温泉天国GS(KT-610)吐出・吸込ノズル

吐出・吸込ノズル(標準付属品です)


本体の設置例

温泉天国GS(KT-610)設置例 写真

コンパクト設計で場所を取りません。 浴室屋外のわずかなスペースに本体設置できます。

温泉天国GS(KT-610)工事型 標準小売価格 594,000円(税込)

取付工事費  別途お見積

※オプション オゾン発生装置 標準小売価格 75,600円(税込)

弊社販売価格は、お問い合わせください。特別価格にてご提供中です。

フィルター、ろ過材、24時間風呂配管洗浄剤(クリーン24プラス)などの消耗品は、24時間風呂消耗品オンラインショップよりご購入いただけます。

24時間風呂消耗品オンラインショップ 7,500円以上のご注文で送料・代引き手数料が無料です

温泉天国GS(KT-610)工事型  仕様

電 源 AC100V(50/60Hz)
最大消費電力 1200W
ヒーター 1000W
温度調節範囲 34℃~48℃(ヒーターOFF機能付き)
除菌方式 オゾン発生器(オプション )
浄化方式 物理浄化:フィルター、バイオ浄化:ろ過材(活性石)
安全装置 1.浴水温度55度以上で本体保護回路の作動 2.空焚き防止装置内蔵 3.漏電ブレーカ内蔵
浴槽容量 600リットルまで
入浴人数(目安) 8人まで(入浴方法により異なる)
外形寸法 本体 689(高さ)×630(幅)×310(奥行)mm
外形寸法
 電装ボックス
300(高さ)×300(幅)×120(奥行)mm
外形寸法
 操作パネル
144(高さ)×73(幅)×34(奥行)mm
本体質量 約35kg(ろ過材別 ろ過材重量 約7kg)
標準付属品 外付けノズル 吐出・吸込 各1個(配管口径25A)
コントローラー・電装ボックス

※製品仕様は改良のため、ことわりなく変更することがあります。ご了承ください。

※製品詳細はカタログをご覧下さい。(業務用と共通カタログです)
温泉天国GS(KT-610)カタログ

サブコンテンツ

このページの先頭へ