逆洗リバーテック 業務用(PRT-2000/PRT-3500/PRT-5500)

逆洗リバーテック 業務用(PRT-1000/PRT-2000/PRT-3500/PRT-5500) ロゴ

物理と化学の高性能24時間風呂(ろ過装置) 逆洗浄&コンパクト力で強力洗浄。常に清潔・安心・快適な入浴環境を提供します。


逆洗リバーテック 業務用 PRT-2000 本体 ケースなし逆洗リバーテック 業務用 PRT-2000 本体 ケースあり

コンパクトなのに高性能のリーテックPRTシリーズです。 屋外設置も可能なパッケージ型の24時間風呂(循環ろ過装置)です。


リバーテックPRTシリーズは、24時間快適な入浴環境をご提供  浴槽容量2tから15tまで対応。中小規模の浴槽から大型施設に最適なろ過システムです。1t~5.5tはろ過システムに必要な設備をコンパクトなパッケージに納めましたので、屋外にもそのまま設置でき、機械室を必要としません。さらに、電気ヒーター仕様を選べば、熱源器不要で保温ができます。施工性に大変優れています。

コンパクトなパッケージ型で屋外にも設置可能 省スペース設計で好評の従来の「PRTシリーズ」より更にコンパクトになりました(当社比2/3)。屋外にもそのまま設置でき、機械室を必要としません。(2t~5.5tケーシング付タイプ)

高性能ろ過を実現 ろ過材として吸着力の高い「アンスラサイト」と「オリジナル珪砂」を採用することで、高い浄化能力を発揮することができます。

タッチパネル採用で操作はラクラク ろ過運転から逆洗運転まで集中制御による自動運転と、タッチパネルの採用で面倒な操作は必要ありません。耐蝕性、保温性に優れたFRP製タンクをはじめ配管や熱交換器等にも耐蝕性の高い材質を使用していますので、メンテナンス性にもすぐれています。

逆洗リバーテック ろ過材

高性能ろ過を実現 ろ過材として吸着力の高い「アンスラサイト」と「オリジナル珪砂」を採用することで、高い浄化能力を発揮することができます。


逆洗リバーテック 系統図

逆洗リバーテック 業務用 系統図


逆洗リバーテック ランニングコスト

節水効果によりランニングコストを大幅に削減します。

逆洗リバーテック PRT-3500ランニングコスト図


逆洗リバーテック 浄化加速実験

リバーテックの「アンスラサイト」と「オリジナル珪砂」の浄化の能力を実験しました。

逆洗リバーテック 浄化加速実験 グラフ

逆洗リバーテック 浄化加速実験 写真


逆洗リバーテック 業務用 オプション各種

薬注ユニット、補給水ユニットなど、風呂管理を軽減する機器があります。

逆洗リバーテック オプション 丸型吐出金物

逆洗リバーテック オプション 丸型吸込金物

逆洗リバーテック業務用 オプション ハサミ込み吐出・吸込金物

逆洗リバーテック業務用 オプション 吸着ノズルセット

逆洗リバーテック業務用 オプション ヘアキャチャー

逆洗リバーテック業務用 オプション 薬注ユニット

逆洗リバーテック業務用 オプション 水位センサー

逆洗リバーテック業務用 オプション 補給水ユニット

本体の設置例

逆洗リバーテック業務用 設置例1PRT-3500EX-FC 設置例

逆洗リバーテック業務用 設置例2PRT-3500EX 設置例

逆洗リバーテック 業務用 価格はお問い合わせください。

  • PRT-2000H(C)-B 電気ヒーター 2kw 2000Lまで
  • PRT-2000EX(C)-B 熱交換器 18.6kw 2000Lまで
  • PRT-3500H(C)-B 電気ヒーター 6kw 3500Lまで
  • PRT-3500EX(C)-B 熱交換器 34.8kw 3500Lまで
  • PRT-5500H(C)-B 電気ヒーター 12kw 5500Lまで
  • PRT-5500EX(C)-B 熱交換器 60.4kw 5500Lまで
  • PRT-10000EX-B 熱交換器 116.2kw 10000Lまで
  • PRT-15000EX-B 熱交換器 174.4kw 15000Lまで

※(C)はケースあり

取付工事費  別途お見積

弊社販売価格は、お問い合わせください。特別価格にてご提供中です。

逆洗リバーテック(PRT-1000/PRT-2000/PRT-3500/PRT-5500)仕様

※製品仕様は下記をご覧下さい。
逆洗リバーテック(PRT-2000/PRT-3500/PRT-5500)仕様

※製品仕様は改良のため、ことわりなく変更することがあります。ご了承ください。

※※商品カタログ(サイエンス総合カタログです。)
逆洗リバーテック(PRT-2000/PRT-3500/PRT-5500)カタログ

サブコンテンツ

このページの先頭へ